浮世艶草子 第1巻

原作/篁千夏 作画/八月薫

知って驚く意外な江戸の性風俗!

01-7.jpg●戦国時代から安土桃山時代にかけて、来日したヨーロッパの宣教師たちは、日本人の礼儀正しさや倫理観の高さに驚きつつも、別な面にも驚きを隠せなかったようでございます。なぜ日本人はヨーロッパの人間ほど処女をありがたがらないのだろうか……と。当時の記録から垣間見える、日本人独自のの恋愛観・結婚観。笑いや涙を織りまぜながら描く、日本人が忘れてしまった意外な性のあり方を8本の物語にまとめてみました。


【収録作品】
 ●和合指南…とある大名家の姫君。婚礼前に乳母から姫君に伝授された閨の心得。
 ●箱入男……八百屋の若者が拾ってしまった、蒟蒻屋の一人娘の意外な落とし物。
 ●介添女……ままにならぬ夫婦和合。ならば経験豊富な介添女が指南つかまつる。
 ●石榴口……八丁堀の銭湯の七不思議、女湯に刀掛けがある理由とはいったい…。
 ●不開間……江戸城大奥に伝わる開かずの間の伝説。その背後にはエロイ秘密が!
 ●水揚げ……初めてが怖いは男も女も同じ。吉原で出会った処女と童貞の結末は?
 ●夢芝居……江戸庶民最大の娯楽・歌舞伎見物。でも若い娘には危険も多くて…。
 ●夜這い……肥後八代の片田舎、江戸からきた若侍が経験した、田舎の奔放な性。

ちょっとオトクな巻末歴史コラム

006.jpg ●其の一 ~江戸の性と現代の性~
 ●其の二 ~お江戸ラブホテル事情~
 ●其の三 ~女性が売り手市場の江戸~
 ●其の四 ~アダルトグッズも多種多様~


ページの先頭へ


浮世艶草子 第2巻

原作/篁千夏 作画/八月薫

江戸の性風俗を流麗な筆致で描く人気シリーズ第2弾!

浮世02.jpg●お江戸吉原の遊女ランキング情報誌は微に入り細を穿ち超過激な内容だった!? ポルノグラフィーとしての枕絵、見世物小屋で本当にあった馬鹿馬鹿しいお遊びに、おおっぴらに売られていた怪しげな回春剤、そして江戸の町を騒がせたおかしな詐欺騒動などなど、教科書では絶対に教えてくれない江戸の艶笑話が本巻も満載でございます。そしてますます冴える八月薫先生の筆を、ごゆるりと堪能くださいませ。

【収録作品】
 ●吉原細見…江戸遊女ランキング・吉原細見。裏で繰り広げられる切ない恋模様。
 ●舟饅頭……江戸のカーセックスは船の上? 水運都市の意外な舟遊び恋色事情。 
 ●小間物屋…化粧品や簪などを売り歩く小間物屋。だが商品はそれ以外にも……。
 ●火吹竹……見世物小屋で出会った美少女。火吹き竹で着物の裾を翻せられるか?
 ●女相撲……美形で剛力の花魁に相撲で投げ飛ばされた若侍、復讐を誓い大精進!
 ●枕草子……絵師に入門した若侍が課せられた、ポルノグラフィー『春画』とは?
 ●海狗腎……回春剤を求める男の欲望は昔も変わらず。江戸バイアグラの効力は?
 ●小便組……江戸で実際に起きた詐欺事件。調査に乗り出した同心・松田彦治郎!

ちょっとオトクな巻末歴史コラム

006.jpg ●其の一 ~江戸の性と笑い〜
 ●其の二 ~風俗産業と御上〜
 ●其の三 ~江戸の水運と遊び〜
 ●其の四 ~吉原はマグロ男の本場〜


ページの先頭へ


浮世艶草子 第3巻

原作/篁千夏 作画/八月薫

散るのが宿命の浮世なら泣いて笑って過ごそじゃないか……。

浮世03.jpg●お江戸もちろん信濃に浪速に尾張、北に飛んで東北みちのくまで、江戸時代の性風俗は全国津々浦々まで、実に興味深いものでございます。江戸や大坂など、大都市だけが性に奔放だったわけではないのは、当時の文献を紐解けば明らかでございます。本巻ではそんな地方の性を今までよりちょっと増量致しましてお届け致しまする。さらに華を増した八月薫先生の、熟女から美少女までの肢体をご堪能いただけます。

【収録作品】
 ●花に蝶……実在した隻眼の花魁・清花。粋と張りを貫き通した清々しい生き様。
 ●腎張腎虚…性行為過多で死ぬ武士が多かった時代、有名人の意外な超性豪生活? 
 ●赤い糸……わてが嬢はんに出会ったのは十二歳の時…浪速の純愛物語の行方は?
 ●畜生道……山本常朝『葉隠』が書かれた時代、外道の振る舞いに及ぶ武士多し。
 ●四ツ目屋…江戸のアダルトグッズショップ四ツ目屋に来店した意外な客人とは?
 ●行水女……猛暑には行水。今も昔もノゾキに興奮する御仁は多うございまして。
 ●無残絵……エロとグロが融合した江戸の無残絵。その影で謎の殺人事件が発生!
 ●ねぷた……東北名物ねぷた(ねぶた)祭り。それは性が弾ける夜でもあった…。

ちょっとオトクな巻末歴史コラム

006.jpg●其の一 ~縁結びと縁切り〜
●其の二 ~江戸幕府最強の性豪将軍〜
●其の三 ~ハレとケと最古の職業〜
●其の四 ~SMと無残絵と小説家〜


ページの先頭へ


浮世艶草子 第4巻

原作/篁千夏 作画/八月薫

男と女の心のアヤは、100年前も100年後も、摩訶不思議な騙し愛。

浮世艶草子04.jpg●芸に悩む女形の五代目中村菊之裕は、陰間として金で女を抱く商売に明け暮れていた。だが、彼を買った客は……巻頭を飾る『陰間恋』他、明治維新前夜の大坂を舞台にした『木香茨』に、今も続く習慣にまつわる悲恋を綴った『入黒子』に怪談テイストの『旅の恥』に加え、おなじみ早縄の松田捕物帳シリーズ『ろかい』に三バカ敦珍勘シリーズ『美人局』・鸚鵡籠中記シリーズ『赤猫』・八代藩コンビ諸国漫遊『海藤花』を配して、悲恋・艶笑・パロディ満載の完全読み切り最新刊!

【収録作品】
 ●陰間恋……過去の舞台の不入りから芸に悩む菊之裕。彼が惚れた未亡人は──。
 ●赤 猫……名古屋城下で起きた謎の銭湯放火事件。事件の裏には藩の暗部が! 
 ●入黒子……彫師・和慶が出会った六尺五寸の美女。彼女の意外な依頼とは…?
 ●美人局……間男が見つかり十両の金を工面するはめになった敦三郎だったが?
 ●旅の恥……人里外れた旅の路では、男の精を乞う仮面の女が出没すると聞く。
 ●ろかい……評判の医師の殺人事件、捜査に着手した松田彦治郎の捕縄が唸る!
 ●木香茨……天保8年、大塩平八郎の乱の影で、ひっそり咲いた恋の花の行方。
 ●海藤花……みちのくで八代藩コンビが出会った海女に、忍び寄る怪しい手…。

ちょっとオトクな巻末歴史コラム

006.jpg●其の一 ~男色と文学の日本史〜
●其の二 ~入黒子と表現の日本史〜
●其の三 ~避妊と堕胎の日本史〜
●其の四 ~文身と海女と黒潮の日本史〜


ページの先頭へ

What is the UKIYOTSUYAZOUSHI?

気になる内容を一分紹介。下の画像はクリックで拡大表示されます。

『浮世艶草子』は各巻8話ずつ収録の完全読みきり形式です。どの巻から買っても楽しめる内容となっております。八月薫先生の流麗なタッチに心惹かれたら、迷わず下記Amazonリンクをクリック!

001.jpg005.jpg003.jpg007.jpg浮世05.jpg004.jpg浮世06.jpg浮世04.jpg008.jpg

クリックすると拡大します。

[ch0] [ch0] [ch0] [ch0]

ページの先頭へ

浮世艶草子の電子書籍購入は▼コチラ▼からどうぞ!

▲上の作品タイトル▲か▼下の画像▼をクリックで電子版詳細ページに移動します。

01-7.jpg浮世02.jpg浮世03.jpg浮世艶草子04.jpg●欲しい本がなかなか近所の本屋にない・Amazonなどで注文しようにも在庫がない……そんな経験はありませんか? 電子書籍(E-books)はパソコンや携帯電話などがあれば、いつでもどこでもすぐにダウンロードして本が読めます。在庫の管理が不要な電子書籍なら、絶版にもなりにくいのです。まだまだ一般への普及は進んでいませんが、studio PUGでは電子書籍の可能性と未来に大いに注目しています。まだ入手されていない方は、一度ご利用してみませんか?

ページの先頭へ